最近の記事
2012年10月08日

ソニー ヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewer” HMZ-T2

ソニー ヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewer” HMZ-T2
高音質な付属ヘッドホンのほか、好みのヘッドホンでも5.1chサラウンドが楽しめる機構を搭載







※10月1日 11時40分以降のご注文分については、発売日以降の入荷、10月中のお届けとなります。

こちらの商品は、お一人様1台限りとさせていただきます。


◆高音質な付属ヘッドホンのほか、好みのヘッドホンでも5.1chサラウンドが楽しめる機構を搭載
直径13.5mmドライバーユニットを採用した密閉型バーティカル・イン・ザ・イヤー方式ヘッドホンを同梱し、優れた装着性とクリアな音で、5.1chバーチャルサラウンドをお楽しみいただけます。さらにヘッドホンが交換可能な新構造を採用することで、音の好みや視聴コンテンツなどに合わせてさまざまなヘッドホンもお使いいただけます。“インナーイヤー”か“オーバーヘッド”のヘッドホンタイプに応じたバーチャルサラウンドの設定に切り替えられるため、さまざまなタイプのヘッドホンで5.1chバーチャルサラウンドをお楽しみいただけます。

◆フィルム映画独特の映像を再現する「24p True Cinema」
フィルム映画は毎秒24コマで撮影されるため、毎秒60コマ表示にしか対応していない従来のディスプレイでは、映画制作者の意図する映像を忠実に再現することはできませんでした。「24p True Cinema」は、フィルム映画と同じ毎秒24コマで動きを再現し、映画館でしか味わえなかったフィルム映画独特の映像を楽しむことができます。

◆動きの速いコンテンツもくっきり再現するパネルドライブモード「クリア」
HD有機ELパネルの動画応答性を活かし、パネルの発光時間の制御を行うことにより、動きの速いゲームやスポーツ、アクション映画などのコンテンツでも、残像感の少ないくっきりとした映像を映し出すことができます。

◆従来比20%以上の軽量化
従来より約90gの軽量化を実現。より快適な装着感で、長時間お楽しみいただけます。

◆きめ細やかな映像を実現する新技術
光学レンズの特性を考慮した「新エンハンスフィルター」と、有機ELの性能を引き出す「色変換マトリクスエンジン」をベースに、各画質モードのチューニングを全面的に刷新。より解像感あふれる、きめ細やかな画作りを実現しました。

◆より奥行き感のある音場を実現する新開発「ハーモニクスイコライザー」搭載
ソニーが独自開発した「ハーモニクスイコライザー」は、音源の圧縮によって失われがちな消え際の微小な音を再現し、より深みと伸びのある音場を実現します。

◆「デュアルパネル3D方式」による残像感のない自然で明るい高純度3D映像
左目用、右目用それぞれのパネルに独立した左右用の3D映像を常に表示する「デュアルパネル3D方式」を採用。クロストークがなく、左右用のそれぞれのパネルでHD映像を表示するため、自然で明るい高純度な3D映像を楽しむことができます。

◆臨場感溢れる「5.1chバーチャルサラウンド技術(Virtualphones Technology)」
ヘッドホン用に開発された、ソニー独自のサラウンド信号処理技術「5.1chバーチャルサラウンド技術(Virtualphones Technology)」を採用。“Virtualphones Technology(VPT)”は、聞こえてくる音源があたかも前方や後方に置いたスピーカーから自然に再生されているような音場を作りだします。最大5.1ch相当のマルチチャンネルオーディオで楽しめるので、3Dの立体感と相まってリアルな臨場感を体感できます。
機能項目
発売年月 2012年10月13日
本体サイズ(H×W×D) mm ヘッドマウントユニット部:約187mm×104mm×254mm※ヘッドバンド部含む。可動部最小約180mm×36mm×168mm(プロセッサーユニット)
本体重量 約330g(ヘッドマウントユニット)※ケーブル除く/約600g(プロセッサーユニット)
消費電力 15W(待機時:0.25W)
付属品 スタートアップガイド、取扱説明書、保証書、1.5mHDMIケーブル、ライトシールド



ソニー ヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewer” HMZ-T2
視力回復の画期的プログラム!「視力回復プログラム24 -Twenty Four-」
posted by 東京喜多見より at 08:22 | 東京 ☀ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
チャイルドマインダー