最近の記事
2017年11月22日

【アメトーク】読書芸人東野幸治おすすめ紀州のドンファンを紀伊国

20171122_ametalk_higashino.jpg


20171122_ametalk_higashino1.jpg


アメトーーク「読書芸人」で
東野幸治さんがおすすめしていた本
気になっていたので


2017年、東野幸治さんが
「読書芸人」に初参戦の回です。

紀伊国屋にいって
しっかり、店内にもアメトーーク「読書芸人」コーナーが作られていました。

その中に
東野幸治さん紹介していた本もありました。


タイトルが
紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男


アメトーーク「読書芸人」を見て
すごく興味持ってて

うーん読んでみたい本って事で
紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男

買おうか・・・迷っていたけど
買ってみました。


まだ読んでいる途中ですが
すらすら読めます。


そして、やっぱり
普通の人には
一般の人には経験していない事が
この本には

紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男
書かれている感じ

ちょっと知らない世界を垣間見れる
著者の野崎幸助さんの経験を
見て学ぶ事が出来る本で
すごく読むの楽しみです。

この本を買うかどうか?
迷ってしまって

紀伊国屋に2回も足を運ぶ事になりましたが

買ってよかった本といえそうです。

普段本をほとんど読まない私にも
読みやすいです。

この本で知る事が多々ありそうです。

紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男 (講談社+α文庫)
紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男
東野幸治さんが紹介していた本
2回読みました。
文庫本だったので、電車でも読みやすかったです。
やっぱりハードカバーの本よりお値段的にもありがたいですよね。


そうそう、今は

これも2017年のアメトーーク読書芸人で紹介されていた本
光浦靖子さんおすすめの本

罪の声
ハードカバーの本だったので
ちょっと迷いましたが

1回すべて読みました。

今は、2回目読んでいる途中になります。「罪の声」の
登場人物と、場面、あとは
今どの人が登場しているって

ちょっとこんがらがって、
もしかしてしっかりと理解できなかった?
「罪の声」の内容を捉えられていないかもって事で
2回目ではしっかり登場人物、相関図など意識して読み進めていっています。

そうそう、さらに、
アメトーーク読書芸人の影響で
2017年の東野幸治さん出演の回

読みたい本、興味ある本沢山紹介されていましたよね。

いやいや、
2017年の東野幸治さん出演の回にも
サラッと本のタイトルが紹介されていた本

さらに前の「読書芸人」でしっかりお勧めされていた
「西加奈子」さんの「サラバ」
今何と文庫本となっています。

電車や出先などでも
手軽に読めそうって事で

「サラバ」文庫本、上を読んでいます。

文庫本になったために
上、中、下
3つに分かれているようです。

ハードカバーの時には
たしか、上と下の2冊だったような記憶も。

「西加奈子」さんの本
読書芸人ではよく紹介されていますが

個人的には、全く読んだことなくて
文庫本の「サラバ」上が

初めて読んでみる本となりました。

普段、本読まないけど

やっぱり芸人さんが

紹介している本って興味出て

読んでみたいなって、

「サラバ」の
中と、下も
文庫本だし、挑戦したいと思います。

サラバ! 上 (小学館文庫)
posted by 東京喜多見より at 06:55 | 東京 ☀ | ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
チャイルドマインダー