最近の記事
2007年12月04日

宮廷のみやび―近衞家1000年の名宝

宮廷のみやび―近衞家1000年の名宝
陽明文庫創立70周年記念特別展「宮廷のみやび―近衞家1000年の名宝」

平成館 2008年1月2日(水)〜2月24日(日)



陽明文庫創立70周年記念特別展「宮廷のみやび―近衞家1000年の名宝」


―見たことがありますか? 道長自筆の日記。

 陽明文庫は、昭和13年(1938)に時の首相近衞文麿(近衞家29代当主)が設立したもので、近衞家が宮廷文化の中心として護り伝えてきた貴重な文書や宝物を収蔵しています。



その所蔵品は各所で公開されてきましたが、このたび陽明文庫創立70周年を記念し、20万点にもおよぶその所蔵品の全貌を俯瞰するはじめての展覧会を開催いたします。



 藤原道長自筆の日記である「御堂関白記」(国宝)、名筆の集大成である「大手鑑」(国宝)、美麗な舶来の唐紙に和漢朗詠集を書写した「倭漢抄」 (国宝)をはじめとした陽明文庫の所蔵品に、皇室に献上された作品などを加え、江戸中期の当主で書画、茶道、華道、香道に精通した当時の宮廷文化の第一人者である家熙の作品などを、一堂に集めてご覧いただけるまたとない機会です。


 みやびな公家文化の世界をぜひご堪能ください。




陽明文庫創立70周年記念特別展「宮廷のみやび―近衞家1000年の名宝」


平成館 2008年1月2日(水)〜2月24日(日)



会 期 2008年1月2日(水)〜2月24日(日)

会 場 東京国立博物館 平成館 (上野公園)


開館時間 9:30〜17:00 (入館は閉館の30分前まで)


休館日 月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館、翌火曜日休館)
posted by 東京喜多見より at 07:39 | 東京 ☁ | Comment(0) | 東京国立博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

【10万円給付】申請書大阪市北区受け取りいつ?注意点は1点のみ チャイルドマインダー
人気記事