最近の記事
2007年05月19日

京都シルク 熟成枠練り石鹸

京都シルク 熟成枠練り石鹸
絹がもつすばらしい性質を損なうことなく最大限にいかしました。

高い保湿作用をもつ高分子量の無薬剤抽出シルクセリシン
(丹後織物工業組合製)と、ビタミンCを多く含む
キイチゴエキスを配合することにより、
透明感ある深部から潤いのある肌へと導きます。



 「京都シルク 熟成枠練り石鹸」


[配合成分]

【主成分1】
お肌をしっとり潤い肌に目覚めさせてくれる丹後織物工業組合製〈シルクセリシン〉配合
セリシンとは繭糸の外側にある天然タンパク質のことで、今までは絹織物の精練過程で不要とされていましたが、このセリシンには高い保湿効果があるということが分かりました。
外部刺激からお肌を守るバリア効果もあるという天然素材、シルクセリシン。
丹後織物工業組合では天然素材としての絹が持つ力を大切に考えてシルクセリシンを水だけで抽出し、繭の糸が天然の状態で発揮するすばらしい性質を損なうことなく引き出しています。


【主成分2】
隅々まで透きとおった肌に目覚めさせてくれる天然植物性〈キイチゴエキス〉配合
バラ科植物のキイチゴ(ラズベリー)の果実より抽出されたエキスで、多くのビタミン類を含んでいます。
中でもビタミンCの含有量はレモンの数倍と言われており、メラニン色素の生成に働きかけ、透明感ある肌に目覚めさせてくれます。


【主成分3】
蚕の生命のカギを握る〈ソウハクヒエキス〉配合
ソウハクヒは蚕が餌とする桑の根皮を乾燥させたもので、紫外線から肌を守り、さらに抗酸化作用や、メラニン生成を抑制する働きも期待できます。

石鹸素地・スクロース・グリセリン・エタノール・水・甘草エキス・ワレモコウエキス・ダイズエキス・フィチン酸・BG

無香料・無着色

[内容量]
標準重量80g


 「京都シルク 熟成枠練り石鹸」

[使用方法]
よく泡立てて顔全体を包み込むようにして洗い、充分洗い流してください。

[使用上の注意]
使用後はよく水を切って保管してください。
目に入ったときは、すぐに水かぬるま湯で洗い流してください。
傷やはれもの・しっしん等、異常のある部位にはお使いにならないでください。
化粧品がお肌にあわないときは、ご使用をおやめください。
使用中、赤味・はれ・かゆみ・刺激などの異常が現れた場合、そのまま化粧品類のご使用を続けますと症状を悪化させることがありますので皮膚科専門医などにご相談下さい。


 京都しるく  熟成枠練り石鹸

 住所:京都市伏見区醍醐落保町

 営業時間:平日10:00〜16:00 土日祝は休み
posted by 東京喜多見より at 19:27 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都シルク 熟成枠練り石鹸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
チャイルドマインダー