最近の記事
2007年05月24日

成田ゆめ牧場  塩のアイス

成田ゆめ牧場  塩のアイス
はじめはビックリ!でもあとひく美味しさ!

塩のアイスと聞いて、
はじめはちょっとビックリしてしまうかもしれません。

でも、これが食べてみるとまさにヤミツキになる美味しさなんです。

塩がミルクの甘さをさらに引き立てて、
その濃厚の美味しさをさらに味わえる、
夏ならではの涼やかなアイスです!








      成田ゆめ牧場  塩のアイス



沖縄産深層水を100%使用!

成田ゆめ牧場の「塩アイス」は沖縄産深層水を100%自然海塩を原料とする塩を使用しています。

この塩は海岸近くに200mほど掘られ玄武岩でできた自然の井戸から深層水を汲み上げて作っており、この海水で作られたものが身体に良い塩として注目される「自然海塩」なのです。


ゆめ牧場の濃厚なアイスを引き立たせるために、あえて数多くの塩の中からこの塩を選びました。



 牧場でしか味わえなかった濃厚なおいしさをご自宅で


ゆめ牧場で早朝搾ったばかりの牛乳を、24時間以内にアイスにした濃厚でミルキーな牧場自家製アイスです。

無香料、防腐剤を一切使わないでつくったアイスは、特殊な冷凍機を使って、鮮度を瞬時に凍らせた日本一美味しいアイスだと自信を持っています!

生クリームと香料でつくられた「濃厚」なアイスではなく、搾りたてのミルクの美味しさがつくりだす「超濃厚」なアイスを、存分にお楽しみください。


  牧場の牛乳がおいしい理由は


朝搾った新鮮な牛乳を、徒歩1分のアイス工房へ新鮮なまま運び込み、超濃厚アイスにしました。

成田ゆめ牧場の牛乳は牛のエサからこだわって生産しています。 『ホルスタイン』と『ジャージー』の牛乳を7:3の割合でバランスよく混ぜたオリジナルブレンドの牛乳は、豊かなコクがあるのに後味がスッキリ、ジャージーとホルスタインのいいとこどりをした理想の牛乳となるのです。

しかも、生乳の旨みを100%残すために脂肪分を砕きません。 だから、牧場で飲む牛乳の濃厚な旨みをそのまま残しているのです!
成田ゆめ牧場が誇る牛乳をたっぷりつかったアイスをぜひお楽しみください。



 成田ゆめ牧場  塩のアイス


■内容量■
1個あたり474ml

■賞味期限■
約1ヶ月

■お届け■
冷凍便
ご注文日より約一週間でお届けいたします。
予めご了承下さいませ。
■原材料■
牛乳(生乳)・ブドウ糖・グラニュー糖・脱脂粉乳・クリーム・安定剤(増粘多糖類)・塩・クチナシ色素
※当店のアイスは成分の内容上「アイスミルク」の分類に属します。
搾りたて牛乳を極限までいかしたスイーツ



posted by 東京喜多見より at 22:38 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 成田ゆめ牧場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成田ゆめ牧場 「酪農家」が「観光牧場」を始めた理由

成田ゆめ牧場 「酪農家」が「観光牧場」を始めた理由
ゆめ牧場の乳製品が美味しいのは、ちゃんとした根拠があります。


どんなにいいエサを使っても、どんなにいい牛にこだわっても、搾った牛乳はメーカーに均一の価格で買い取られ、そのまま高温殺菌されて、誰が作ったか分からない牛乳と一緒に混ざってスーパーで売られてしまいます。

明治20年から搾乳専業牧場として操業してきた成田ゆめ牧場の前身「秋葉牧場」では「自分達が納得した乳製品を作りたい!」という酪農家・秋葉博行(現成田ゆめ牧場社長)の強い気持ちから、1987年に一酪農家から観光牧場へ転身。自らが乳製品メーカーとなり、本物の乳製品作りを目指して今日にいたっています。



「アイスクリームなんて味は全部一緒さ!」「ヨーグルトの味に差なんかないよ」乳製品の美味しさに諦めないでください。

成田ゆめ牧場の『こだわり』を知れば、きっとアイスクリームもヨーグルトも、ただの乳製品ではないことに気がつくと思います。



 ゆめ牧場の乳製品が美味しいのは、ちゃんとした根拠があります。


こだわりその1
牛の消化にいい飼料にこだわっています


トウモロコシやムギ等の穀類と、10種類以上の草類を中心とした粗飼料を均等に混ぜ合わせた飼料『TMR(トータル・ミックスド・レーション)』をゆめ牧場の牛に与えています。

バラバラに原料を混ぜ合わせるので、製造工程に手間はかかりますが、バランス良く栄養を取り入れて、さらに牛の胃にも負担がかからないので、とても消化がいいのです。


なお、ゆめ牧場の飼料は良質な原料を
厳選してくれる明治飼糧が作ってくれています。



こだわりその2
ホルスタイン+ジャージー=濃厚な牛乳


ゆめ牧場には全部で60頭近くの牛がいます。

乳量の多いホルスタイン牛の牛乳に、濃厚なジャージー牛の牛乳をバランス良く混ぜ合わせることで、乳脂肪分の高いコクのある牛乳を作っています。



こだわりその3
24時間以内に乳製品にします。


牛乳は風味が命。


早朝に生産部のスタッフが搾った牛乳は、その日のうち、遅くとも翌日の朝一番には美味しい乳製品にします。

ゆめ牧場のアイスクリームとヨーグルトには、
搾りたての牛乳の美味しさがぎっしり詰まっています。



こだわりその4
すべて自然の素材、そしてすべて手づくり


ヨーグルトは原乳の美味しさを生かすために低温長時間発酵を心がけて作っています。

ゆめ牧場に遊びに来る子ども達に合わせて、ちょっと甘く作っていますが、きっと大人の方でも、その濃厚さに満足していただけると思います。

また、アイスクリームに使う原料はすべて自然の素材にこだわっています。バニラ味はバニラエッセンスからではなく、バニラビーンズからとっています。


また、かぼちゃ味は本物のかぼちゃをぐつぐつ煮込んで、そこから自然の美味しさをとっています。

ひとつひとつ手づくりの乳製品です。

だから大量生産はできません。

ですが、本物の美味しさは守り続けることができます。



こだわりその5
こだわりその5最新鋭の冷凍庫『誘電フリーザー』を採用


冷風を直接当てる一般の冷凍庫では、アイスクリーム内の牛乳の細胞を、表面から破壊してしまう恐れがあります。

それではせっかく搾りたての牛乳の風味にこだわった繊細なアイスクリームも、味が壊されてしまいます。

 成田ゆめ牧場の冷凍庫は食材の内部からいっきに冷凍する『誘電フリーザー』を採用。

牛乳の細胞を破壊することなく冷凍するため、風味を殺すことなく鮮度の高いアイスクリームを作ることができます。

 昔ながらの味を守るために、最新鋭の冷凍庫を使う成田ゆめ牧場のアイスクリーム作りに『妥協』という二文字はありません。
注文を受けてから製造するから新鮮な牛乳の味がします!
posted by 東京喜多見より at 22:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 成田ゆめ牧場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成田ゆめ牧場

成田ゆめ牧場
千葉県成田市にある『成田ゆめ牧場』は、約9万坪の広さ(東京ドームの約7倍)の敷地面積を持つ観光牧場です。


ただの観光牧場の乳製品とは違います。

明治20年からずっと牛乳一筋でやってきました。


こだわるところはトコトンこだわりました。


美味しさにこだわり続ける理由、そして、手間と時間をかけて作り上げたヨーグルトとアイスクリームの製造行程。

生産者が見える乳製品を作ってご提供いたします。



どんなにいいエサを使っても、どんなにいい牛にこだわっても、 搾った牛乳はメーカーに均一の価格で買い取られ、そのまま高温殺菌されて、誰が作ったか分からない牛乳と一緒に混ざってスーパーで 売られてしまいます。

明治20年から搾乳専業牧場として操業してきた成田ゆめ牧場の前身「秋葉牧場」では 「自分達が納得した乳製品を作りたい!」という酪農家・秋葉博行(現成田ゆめ牧場社長)の強い気持ちから、 1987年に一酪農家から観光牧場へ転身。


自らが乳製品メーカーとなり、
本物の乳製品作りを目指して今日にいたっています。


「アイスクリームなんて味は全部一緒さ!」
「ヨーグルトの味に差なんかないよ」

乳製品の美味しさに諦めないでください。


成田ゆめ牧場の『こだわり』を知れば、
きっとアイスクリームもヨーグルトも、
ただの乳製品ではないことに気がつくと思います。



牧場の手作りチーズケーキ

成田山新勝寺の参道店で一週間で約10000個売れたチーズケーキです。


  まきばの夢







  牧場の絞りたての牛乳をたっぷり

贅沢に使った濃厚かつ、なめらかな食感に仕上げました。


   牧場のこだわりが生んだチーズケーキ


   成田山新勝寺の参道店で一週間で
   約10000個売れたチーズケーキです。


 「まきばの夢」いかがでしょうか?
牧場から直送!搾りたての味そのまま♪

posted by 東京喜多見より at 22:23 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 成田ゆめ牧場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
チャイルドマインダー