最近の記事
2007年06月02日

言語・文化研究センター主催 公開講座

言語・文化研究センター主催 公開講座
テーマ: 「ヨーロッパ近代美術の黎明」

 趣旨


中世ヨーロッパにおいて、キリスト教美術が様々な分野で建築、絵画、彫刻などに多くの作品を残しています。


17世紀にオランダに登場したレンブラントは、キリスト教の主題を描いた作品を残しましたが、「夜警」("Night Watch")に独自の作風を示し、これが代表作となっており、重厚な作風によって鑑賞する人々を引きつけます。


今回、小林頼子氏にレンブラントについて、
傑作を中心に解説していただきます。
 

また、松下知紀代表が「チョーサーと審美的彩色写本」というテーマで、言語・文化研究センターの中心的な活動を紹介します。


日時 平成19年7月1日(日) 
   13:30〜16:30  (受付13:00〜)


場所

丸善・丸の内本店3階 日経セミナールーム
〔JR「東京駅」丸の内北口より徒歩1分、
        東京メトロ「大手町駅」直結〕
(東京都千代田区丸の内1-6-4丸の内オアゾ内)


主催

専修大学社会知性開発研究センター/言語・文化研究センター


内容

「チョーサーと審美的彩色写本」
松下 知紀 (言語・文化研究センター代表、専修大学文学部教授)

「生き生きとした感情表現−レンブラントとトローニー」
小林 頼子(目白大学教授)


定員 80名

参加料 無料


申込方法

専修大学社会知性開発研究センター事務課まで
「食べて」キレイになる
posted by 東京喜多見より at 17:04 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 言語・文化研究センター主催 公開講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
チャイルドマインダー